年収が高くても限度額が高くならない理由

カードローンの限度額は、最大300万や500万、銀行では800万なんてところもあります。

自分は年収が高いから最大の限度額を設定してもらえると思って申し込んだら、限度額50万や100万しか設定してもらえなかったという話がよくあります。

年収が高くて返済余力もあるのに、どうして貸してくれないのでしょうか?

法規制

アコムやプロミス、アイフル、モビットなどの消費者金融は「貸金業法」という法律で様々な規制がかけられています。その1つに「総量規制」という規制があります。総量規制とは、年収の1/3までしか貸してはいけないという規制です。しかも、これは1社で1/3ではなく、他社も含めて合計で1/3までしか貸してはいけないというものです。

他社の状況なんかどうせ分からないじゃ無いかと思うかもしれませんが、実は消費者金融や銀行などは個人信用情報機関を通してお互いの顧客の申し込み状況や貸付金額、返済の遅延状況を知ることができるのです。だから、他社で借りている分を除いて限度額を決めているのです。

カードローンの審査

カードローンの審査で一番重要視されるのは、「収入が安定しているか」という点です。収入が安定しているというのは、毎月決まった給料が支払われているか、勤続年数は長いか?、安定した企業や職種についているか?という点を審査されます。

だから例えば、ヘッドハンティングされて年収2000万円の人であっても勤続年数1年未満だったり、完全歩合の営業職であったり、赤字続きの企業の勤めていたりすると、どんなに年収が高くても限度額は高く設定されません。そもそも融資してくれないこともあります。一番審査が通りやすいと言われているのは公務員だそうです。公務員は懲戒以外のリストラや倒産のリスクが無いため収入が最も安定していると見られるからです。

また、収入の安定性が問題なくても、新規の顧客には高くても100万円程度までの限度額にとどまることがほとんどだそうです。新規の顧客はまだどんな人なのか(お金を持っていても)ちゃんと返済してくれるか分からないため、どんなに高収入でもいきなり高額の融資をしてくれることはほとんど無いそうです。

限度額を上げる方法

限度額を上げるには、しばらく利用してちゃんと返済をするという実績を積むことです。最低でも半年〜1年は延滞なしの返済実績を積んだ後に限度額を上げてもらえないか相談してください。もしかすると逆にカードローン会社の方から勝手に「限度額を上げました」と連絡をしてくるかもしれません。なお、実績を作るには必ずお金を借りて返してください。まったくお金を借りない又はほとんど借りなければ限度額を上げる理由もないので相談には応じてくれないかもしれません。必ずお金を借りてください。

ここでは、WEBから申し込むことができ安心して借りられるカードローンを紹介します。

金利が4.7% →3.0% にDown!、限度額が500万 →800万にUp!

融資まで最短1時間!30日間金利ゼロ!クレジットカード一体型!
  • 最短1時間融資が可能!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスで今だけ借りたい人にも評判!
  • クレジットカード一体型も発行可!借りずに直接ショッピングできる!
  • 楽天銀行口座を持っていれば、24時間振込融資が可能!(※3)
  • パート、アルバイトもOK(※2)
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0% は比較的低金利!
  • 限度額は最高 800万円!
※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。
※3 アコム又は楽天銀行のメンテナンス時間を除く。
キャッシング 08 125*125
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
電話連絡、郵送物なしで家族にバレません!10秒簡易審査!
  • PCからWEB完結申込なら電話連絡、郵送物、ローンカード発行なし!(※1)家族にもバレません!
  • 10秒簡易審査 ~ 簡単な入力で融資可能かすぐに分かる!
  • 消費者金融の中では金利が低い 年利 3.0~18.0%!
  • 消費者金融の中では限度額が高い 最大800万円!
  • 当日融資も可能(※2)
  • 電子領収書サービスでプライバシーも安心。領収書や利用明細書をネットでダウンロードすることもできる。
  • パート・アルバイト・主婦でも安定した収入があれば借り入れ可能
※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※2 当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。


遂に30日間利息0円!1秒診断!30分審査!即日融資!
  • はじめての方は最大30日間利息0円!
  • 最短30分で審査結果を回答
  • 即日融資が可能(※1)
  • パート・アルバイトの方も申込可能(審査あり)。
  • 実質年率 4.5% ~ 18.0%
  • 融資限度額 最大 500万円
※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。

300万円まで収入証明書原則不要!
  • 大きな融資枠 800万円と低い金利 1.9%~14.5% が魅力!
  • おまとめ・借り換えとしても利用可能
  • 300万円以下なら収入証明書が原則不要(※1)
  • 申込+利用で楽天スーパーポイント31,000ポイント貰える
  • 最短即日融資も可能(※2)
  • 月々3,000円からの返済(※3)
  • 全国のコンビニATMが利用可
  • 口座開設不要
※1 300万以下でも審査によって収入証明書を求められることもあります。
※2 受付時間・審査状況により、当日の融資ができない場合もあります。
※3 借入残高 10万円以下の場合。

月々4,000円からの返済
  • 月々4,000円からの楽々返済(融資額10万円迄の場合)
  • 年齢、年収、他社借入状況を入力するだけで借入可能かクイック診断できます。
  • 金利 4.9%~20.0% 融資限度額 最高300万円
  • 全国のコンビニATMが使えます。

全国振込対応!フリーローンからビジネスローンまで
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 実質年率 9.85% ~ 18.0%
  • 最大融資額 50万円
  • 日本全国、振込融資が可能
  • 借り換え・おまとめローンなら9.85%〜12.65% 最大500万円

フリーローンからビジネスローンまで多様!
  • 最大融資額 500万円
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 実質年率 15.0% ~ 20.0%
  • 借り換え・おまとめローンなら7.3%〜15.0%
  • 日本全国、振込融資が可能

限度額ってそもそも

カードローンの限度額は、その金額までいつでも貸せますよという設定のこと。その限度額の金額を必ず借りなければいけないというわけではなく、あくまで最大いくらまで貸してもらえるかという金額です。クレジットカードのキャッシング枠と同じ考えです。限度額の範囲内ならいつでもATMからお金を借りれます。

限度額が高い=金利が低い

また、限度額が高い方が金利も低く設定されるため借りる必要はないけど限度額は高い方がお得です。同じ10万円を借りるにも、限度額200万円の人と50万円の人では金利が違うので返済金額も違ってきます。もちろん限度額200万円の方が返済金額は少なくなります。

このように、借りる金額に関係なく限度額は高い方がお得です。だから可能なら限度額は上げてもらった方がいいのです。ただ、高い限度額が欲しいからといってお願いすればすぐ設定してくれるわけではありません。最初は50万や100万の限度額で、借入と返済の遅れがないという実績がしばらくあってはじめて限度額を上げてくれます。カードローンを契約してしばらくしてから限度額アップをお願いしてみるといいと思います。逆にカードローン会社の方から「限度額を上げました」と連絡が来ることもあります。カードローン会社もたくさんお金を借りてくれた方が儲かるので悪い相談ではありません。積極的に限度額の相談はしてもいいと思います。ただ、限度額が増えたからといって借りすぎには注意してくださいね。

複数社で借りるより1社で

上記のように限度額が高い方が金利が低くお得になることがわかりました。ということは、複数社で借入するより1社にまとめた方が金利も下がるので返済金額が減って生活は楽になります。

だから、もし1社目が限度額に達してしまったら、2社目に申し込むというようなことはせず、まずはいま借りているカードローンに限度額を上げられないかお願いをしてみるといいでしょう。


このページの先頭へ