カードローンで限度額が小さくなる理由

カードローンを銀行に申し込み、最終的に審査結果を聞くことができれば、結構使えるようになっているとか、多くの金額を使えるように出来たことで、満足できることが多くなるかもしれません。ところが利用したいと思っている会社から、審査の結果が相当悪くなっていて、利用可能枠が30万円クラスになっていることもあります。これは収入不足によって、個人の状態では審査落ちになっている場合があります。

ただ、他の人が返済できると判断できる場合は、専業主婦などの枠と同じように考えられており、最終的に一番小さい数字が適応されることになります。金額的にはかなり厳しい数字となっていますが、それでも利用出来るだけマシだと思ってください。場合によっては、利用すらできないままに終わってしまうこともあるくらいで、審査落ちを繰り返して全く利用できないこともあります。利用できるようにすることが、非常に良いことなのです。

カードローンは、銀行側が他に生活している人の状況を調べていることがあります。もし返済できる人が他にもいるようなら、その人に返済してもらえば何とかできるだろうと判断して、専業主婦などと扱いがおなじになり、カードローンの枠は小さくなります。


このページの先頭へ