キャッシングの返済を硬貨の入らないATMで行う場合

キャッシングは、専用カードが発行されていればATMで利用できます。金融機関のATMはもちろん、コンビニエンスストアに設置されている提携ATMでも、借入や返済ができるのです。

しかし中には、硬貨に対応していないATMもあります。つまり返済の際に、硬貨を入れることができないわけです。

キャッシングの返済では、借りたお金に加えて利息も支払います。そして利息は、1000円以下の細かい額となっていることがほとんどです。たとえば3万円借りた時の1ヶ月の利息は、金利にもよりますが約450円なのです。

当然、硬貨で支払うことになるのですが、ATMによってはその硬貨が入りません。お釣りも出ないので、札で多く支払うこともできません。

このような場合は、とりあえず借りたお金だけを返済しましょう。つまり利息の支払いは、後回しにするのです。後日、都合の良い時などに金融機関の窓口や振り込みなどで支払えば、それで良いとされています。

期日までに、借りたお金さえ返済しておけば、たとえ利息の支払いが期日をオーバーしたとしても、返済遅延とはみなされません。また、利息に対して新たな利息が加算されることはないので、支払額が増えてしまう心配もないのです。

だからと言って、もちろん支払わずに放置していて良いわけではありません。融資してくれた金融機関からの信頼を裏切らないためにも、最終的には必ずきちんと支払いましょう。

このページの先頭へ