借入れ金額によって金利は変化する?

キャッシングを利用する時に適用される金利ですが、これは基本的に借入れ金額が大きくなるほど下がっていきます。

ですが、10万円単位などで細かく決まっている訳ではありません。100万円未満の借入れに対して適用される金利は、その金融機関が提示している上限になると考えてください。例えば4.5~18%の場合、100万円未満ではまず18%になります。

そして、借入れ金額が100万円以上になると、最高でも15%になります。これは利息制限法上の制限によるものです。

この利息制限法では、10万円未満の借入れに対しては最高20%、10万円から100万円未満に対しては最高18%、100万円以上になると15%が最高金利に決められています。

100万円以上の借入れを行う場合、その金融機関の最高融資額に近付くに連れて15%から更に金利が下がっていきますが、100万円単位にならないと簡単には下がらないと考えてください。

ごく通常のキャッシングの利用では、100万円も借りることはあまりないでしょう。その為、18%などの上限金利になると考えておいてください。

また、キャッシングの最低限度額は10万円になっているので、実際には10万円未満の借入れでも、20%までの金利が適用されることはありません。キャッシングの金利は実際に借入れを行った額ではなく、そこまで借りることできる限度額によって決められます。


このページの先頭へ