専業主婦がカードローンを利用する場合は?

カードローンの利用は原則的に、本人に収入があることが条件になります。

ですが、安定した所得のある夫がいる専業主婦に限り、その夫の配偶者貸付という制度を利用して、カードローンの契約が行えます。

この場合、消費者金融ではなく、銀行のカードローンを利用します。消費者金融ではこの配偶者貸付を扱っている業者はほとんどありません。

実質的に夫の収入によって返済が行われる為、申込み時には夫の勤務先や年収を申告する必要がありますが、夫のカードローンの契約についての連絡をすることや、職場への在籍確認が行われることはありません。契約を行うのは専業主婦である妻の方なので、夫であっても他の人にローン契約について話すようなことはしません。

その為、夫には秘密で契約を行うことも可能です。銀行によっては住民票や夫の同意書の提出が必要になることがありますが、それらが必要のない銀行も存在します。夫には秘密にしたい場合、そのような銀行を利用しましょう。

大手の銀行では、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行で、同意書が必要ありません。住民票はほとんどの銀行で必要になりますが、楽天銀行のみ、同意書と住民票の両方とも必要になりません。よって、夫には秘密で契約を行いたい場合、楽天銀行の利用がとても便利です。

専業主婦がこの配偶者貸付制度を利用して銀行のカードローンを契約すると、ほとんどの場合で限度額は30万円までになります。夫の収入が多い場合でも、これ以上にはなりません。自分には収入のない専業主婦に貸すことができる限度は、この30万円までということです。

もし返済が滞るようなことがあっても、夫にその連絡をしたり、代わりに返済を求めるようなことは一切ありません。当然ですが、契約をした本人が責任をもって行ってください。



このページの先頭へ