キャッシングには在籍確認の電話不要で申込めるものもあります

キャッシングやカードローンに申し込みをすると審査が行われます。

その審査では職場に実際に電話をかけ、申し込みをした方が本当にその職場で働いているかを確かめられることが行われます。一般に在籍確認の電話と呼ばれている審査法です。

審査に受かりやすくなるために偽りの職場を申告した場合、この在籍確認の電話で嘘の情報を記入したことがバレてしまうのです。在籍確認の電話はキャッシングやカードローンの申し込みに付きものだと言われています。

それほど重要な審査法となるわけですが、在籍確認の電話がキャッシングとカードローンの申し込みにおいて、必要不可欠な審査法ではないということも付け加えておく必要があるでしょう。金融機関のなかには申込者の利便性を考慮して、在籍確認の電話を不要としているところもあります。

ネット上の手続きだけで審査を含めて申込みを全て済ませてしまっている消費者金融もあります。銀行系のカードローンの場合、その銀行に給与振込口座を持っている方からの申込みに対しては在籍確認の電話をしないというところもあります。在籍確認の電話はできれば避けたいと思われている方は多いようです。

職場の固定電話に電話がかかってくることに強い抵抗があるという方は、在籍確認の電話を必要としない申込法を検討されてみるといいでしょう。

関連記事

    カードローンを利用したお蔭でわかったこと

    親や兄弟、友達といった近い関係の人からお金を借りる場合、借りた分をそのまま返すのが基本だと考えています。たとえば、学生時代にコンビニで買い物をするため、友達から数百円を借りたことがありました。しかし、社会人になってから友達に数万円を借入しようとしたところ、断れてしまったのでショックを受けました...

    無理なく使えば便利なキャッシング

    キャッシングというと借金、多重債務など暗いイメージが多いですが、無理のない範囲で使えばたいへん便利なものですよね。私はフリーランスでもう20年ぐらい仕事をしています。取引先の支払日の関係で収入は毎月変動が大きく、贅沢をせずに普通に暮らしても、家賃や税金その他もろもろの支払いで赤字になってしまう...

    キャッシングやカードローンは計画を立ててから。

    私達の場合は、キャッシングもカードローンも利用しました。 当時は主人の年収も安定していて、そんなにお金に困ることはありませんでした。中古ですが、マンションを25年ローンで買ったり、車もマスタングという外車を買ったり、子供を私立の小学校に入れるために塾に通わせたりしていました。その塾の費用...

このページの先頭へ