キャッシングには在籍確認の電話不要で申込めるものもあります

キャッシングやカードローンに申し込みをすると審査が行われます。

その審査では職場に実際に電話をかけ、申し込みをした方が本当にその職場で働いているかを確かめられることが行われます。一般に在籍確認の電話と呼ばれている審査法です。

審査に受かりやすくなるために偽りの職場を申告した場合、この在籍確認の電話で嘘の情報を記入したことがバレてしまうのです。在籍確認の電話はキャッシングやカードローンの申し込みに付きものだと言われています。

それほど重要な審査法となるわけですが、在籍確認の電話がキャッシングとカードローンの申し込みにおいて、必要不可欠な審査法ではないということも付け加えておく必要があるでしょう。金融機関のなかには申込者の利便性を考慮して、在籍確認の電話を不要としているところもあります。

ネット上の手続きだけで審査を含めて申込みを全て済ませてしまっている消費者金融もあります。銀行系のカードローンの場合、その銀行に給与振込口座を持っている方からの申込みに対しては在籍確認の電話をしないというところもあります。在籍確認の電話はできれば避けたいと思われている方は多いようです。

職場の固定電話に電話がかかってくることに強い抵抗があるという方は、在籍確認の電話を必要としない申込法を検討されてみるといいでしょう。

関連記事

このページの先頭へ